バイク輸送は 「コネクト」

HOME  ご利用の流れ  輸送費の目安  よくある質問  買取り  お問い合わせ  会社概要  利用規約
輸送費目安を簡単検索
おおよその参考価格が表示されます

  

 お客様から多く寄せられる質問や疑問についてご回答いたします。
 お問合せの前に、疑問点や問題点の早期解決のためにご活用ください。

Q1.ドアtoドア輸送とは何ですか?
お客様の様々な輸送依頼(個人間売買・緊急の修理のため・家族間での受渡し・売却・不要バイクの処分等)の状況から、お客様の「ここ宛に、こういう理由でいつまでに届けたい」という目的や手段の方法などを詳しくヒアリングさせていただいた上で、 その特定の個人自宅や職場・修理工場・ショップなど「特定の目的住所を指定」していただき、その指定場所から指定場所まで、お客様のご要望に沿った形で弊社が一貫して引取りから納車まで責任を持って輸送することをいいます。
弊社はそのドアtoドア輸送を得意としています。

Q2.オークションやフリマで買ったバイクをデポ(物流拠点)まで引き取りに
   行く手間と時間がないのですが、どうしたらいいですか?
「デポ」では大手輸送会社が、多台数のバイクを大型トレーラーで、まとめて一箇所のデポまで一気に大量輸送するから「バイク輸送は安い」というイメージを多くのお客様が持っておられるかと思います。
しかしおっしゃるように、実際にバイクを購入されて引き取るお客様は、安い反面、トレーラーの終着ターミナルとなる、その「デポ」まで自力で移動しなければならず、しかもデポの営業日は平日の日中という制限に従わなければなりません。
コネクトでは、そういった多くのお客様の「煩わしさ」を解消するために、Q1でも回答したとおり、万人のお客様へ便利で安心に、ダイレクトに輸送を行える「ドアToドア」での陸送を請負うように努めています。
さらに、すべてのやり取りを「LINEだけ」で完結できるため、お仕事などでお忙しい方にも、一部始終を安心してお任せいただく事ができます。

Q3.輸送費のお支払い方法と時期を教えてください。
まず、どちらがお支払いになるか送り側のお客様と、納車側のお客様双方でお決めください。
ご依頼確定後に、引取時・納車時に現金支払でも可能です。
または、事前に振込でお支払いすることも可能です。支払い方法には(現金・振込・PayPayアカウント)がございます。

Q4.クレジットカード払いには対応していますか?
PayPal(ペイパル)アカウント経由でのお支払いであれば可能です。
PayPal(ペイパル)アカウントをお持ちのお客様は、アカウントに紐付けされたEメールアドレスをお知らせください。

Q5.土日祝祭日や、早朝・深夜での対応は可能ですか?
他社のバイク輸送では、日時や時間帯を指定することは難しいのが現状です。
しかし、弊社はドライバーがお客様からの輸送オーダーに則って配車スケジュールを組んでおりますので、ある程度、お客様の日時希望に近づけることは可能です(軽トラックでのスポット便)。
ただし2tトラックで運行する「ルート便」の場合では「ルートとスケジュール」に従って、ご依頼者全員が乗れるように効率的に走行する乗り合いバスのような運行方法で走行しているため、実際日時指定は難しくなっております。
このため、ご希望の日程をどうしても外せないという場合は別途+3,000円の日時指定オプションを申し受けて予約させていただいております。
ちなみに、輸送のすべてをお客様のご要望や計画通りに進めたいという場合は、ドライバーとトラックを1便まるごと貸し切る「チャーター便」もご用命を承ります。

Q6.引き取りや納車に立ち会いが必要ですか?
原則として立ち会いをお願いしていますが、必須ではありません。
特に定期便の場合は運行ルート状況により、お客様の立ち会える時間にそぐわないケースも多いため、代理立会や、おまかせ無人での引取・納車対応にも対応しています。

Q7.日時・時間帯の指定は可能ですか?
Q5でも回答しましたとおり、運行ダイヤのようにルートを走る定期便では、お客様の希望日時指定には中々タイミングが合いづらいケースが多くなります。
このためコネクトでは、陸送始発までの待ち時間を最大限短縮し、日時・時間帯指定にスピーディーかつ柔軟に対応可能な「軽トラスポット便」や「チャーター便」を採用しました。
無人対応では不安だというお客様や、日時や時間帯指定が外せない理由をお持ちのお客様はぜひ「スポット便」や「チャーター便」をご利用ください。
ただし、ルート便やスポット便は満車状態であったり全便が稼働している状態の場合、日時指定を承ることができない場合がありますので予めご了承ください。
※ 便に空きがある場合のみ、+3,000円で日時指定オプションをお請けできる場合もあります。
チャーター便の場合でしたら、すべてにおいてお客様のご要望通りに承ります。

Q8.改造(カスタム)や付属品がついているんですが…
改造内容や付属品の内容によっては純正より姿見やサイズが変わる場合があるため、別途料金が必要になる場合があります。お申込み時の内容と現地での車両の状態が異なる場合は積載を見合わせいただく場合もありますので、事前の現状の正確なお打ち合わせにご協力お願いいたします。

Q9.他社のバイク輸送会社より高くないですか?
弊社は「ドアtoドア」のバイク輸送に特化しており、2tトラックかそれ以下のサイズの小型車両を使用し、狭い道路やお客様の敷地内で、困難な積み下ろし状況でもお客様の手を煩わせる事なく、お客様のご要望に対して「おまかせ」で引取から納車までを責任持って受託しております。
いっぽう、大手様やデポを持つ大型輸送会社様の場合は大型トレーラーでデポまでの大量輸送を行い、そこから先はお客様が自分で引取に伺う必要があったり、地場の安い委託業者に地域輸送を格安で依頼等し「とりあえず納車してこい」で終了しているケースが散見されます。だから安いのではないでしょうか。
もちろん、価格差だけ比較し、利便性よりも1000円でも安いほうにメリットを置く選択もありますが、弊社では「ドアtoドア=ドライバー対お客様」の1対1での応対サービス力を売りにしておりますので、この点をご理解・同意いただける方のみ、オーダーを承ります。

Q10.旧車や不動・故障車や事故車だと輸送は無理ですか?
コネクトでは、ほぼどのような形状のバイクや車両でも輸送を承ります。弊社でエンジンをかけることは原則ありません。事故車も事前にご相談いただければ対応可能です。
また長期保管などにより、タイヤの空気圧低下やブレーキの固着などによって車両の引き回しが困難などの車両の状態でも、+5,000円の不動対応オプションでお運び可能です。事前に状況をできるだけ詳しくお知らせ頂けると助かります。
またドアtoドアでなくても「動けなくなった現場から指定の修理工場へ納車してほしい」といった緊急ロードサービスのご要望も承ることが可能です。
特殊車両で他社様にお断りされた場合でも、お写真やサイズ・重量など詳しく情報をいただけましたら、何とか輸送する手段をご提案致します。

Q11.ガソリンやオイルが入ってなくても大丈夫?
前項でもお話しました内容と類似していますが、不動状態でも陸送可能ですので油量の有無も関係ございません。
そのままの状態でお預けが可能です。
ただし燃料や液体タンク系は、できるだけ空状態に近くしていただけますと重量的に大変助かります。

Q12.書類やパーツも一緒に運んでもらえる?
原則として「バイク本体及び付属品」を陸送する事業のため、原則書類やパーツ系部品は全て別送でお願いしております。
ただし書類などはバイクに付けた状態でしたら+1,500円で一緒にお届け可能ですが、万一の紛失の際は保証対象外となりますので予めご了承下さい。
部品の同梱については、紛失・破損の際に保証ができない前提をご了承いただければ60サイズダンボール1個程度につき+1,000〜2,000円オプションで承れます。

Q13.鍵を紛失してしまったんですが…
ハンドルロックが掛かったままでなければ輸送には別段問題ありません。
ただし納車先様へ、鍵がない旨の連絡は事前に行っていただき了承済にしてくださいますようお願いいたします。
またハンドルロックが掛かっており解錠できない場合は事前に別途ご相談くだされば輸送に対応できる場合もあります。

Q14.事故・盗難など万一のときの保証はどうなっていますか?
細心の注意を払いお運びいたしますが、万一当方の過失による損害に関しては、当社加入保険適用範囲内での誠意ある対応をさせていただきます。 ※下記の項目に該当する場合は補償対象外となりますので予めご了承下さい。
・部品の破損や欠損(輸送中の振動によってウインカーやその他のパーツ類がとれてなくなってしまったなど)
 その他輸送中に破損が生じたものか判別できない場合。
・経年劣化に基因する破損(劣化により弱っていたスタンドにバイク固定のための力がかかり破損するなど)
・通常使用による程度の擦りキズや汚れ
・エンジンがかからなくなった
※バイク輸送依頼は、ご依頼前に各部品の入念なチェックをお願いします。カウルなど気になる箇所はご依頼主様ご自身での保護をお願いしております。

Q15.価格一覧がないのは何故ですか?
コネクトではLINEや電話などで、お客様一人ひとりの輸送実情に対して「オペレーターがLINEチャットやお電話で丁寧にご依頼背景をヒアリング」するというスタイルで陸送を行っており、またドライバーも「1件1件のお客様の事情や実情を把握しながら輸送に従事」するというオペレーションとなります。
このため、まず一律価格でお見積りを提示すると輸送効率が優先されるため「お客様事情」がどうしても二の次になりがちです。
バイクの大きさ、改造の有無、敷地が狭小地である等、お客様側の様々な実情が、現場に着いてからドライバーの判断で「これだとこの価格ではできない」といったトラブルに発展する可能性もありますし、「安値価格ありき」で価格設定をすると、次第に責任感やプロ意識の低いドライバーにでも依頼せざるを得ないという状況に陥っていきます。
こういった背景や輸送事業上の経験から【キメ細やかな、お客様一人ひとりの実情】に合わせた、マン・ツー・マン(ドアtoドア)で安全・安心・便利なバイク輸送事業を展開していくために、弊社では価格一覧などの会社効率第一な提示を行わないように心掛け、おおよその価格は目安としてご覧いただけますが、詳細は個別でLINEやお問い合わせフォームを通じて対応させていただいております。
Copyright ©2012- 2022  CONNECT Co.,Ltd. All Rights Reserved. . Provided by CM 

Page Top